現場に長く勤められるインフラエンジニア

エンジニアとして晩年まで技術者としての仕事に携わっていきたい場合には専門性に特化した職種に就くことが必要となる。幅広い仕事を担えるにようになり、人を見る目を養うことによってリーダーとしての道を切り開くこともできるが、その場合には技術者としての前線からは退かなければならなくなるからである。
しかし、最前線での仕事を晩年まで担っていける職種はそれほど多くはない。技術書として活躍することができなくなり、リーダーとしての能力も身についていないことから業種を変えて転職しなければならなくなる人も散見されるほとである。そのため、晩年まで最前線の開発現場にいたいと考える場合には職種と仕事内容についてよく考えておくことが重要になる。
その実現のための転職先として筆頭にあがるのがインフラエンジニアである。インフラエンジニアの典型的な仕事として、情報インフラの開発や導入、維持管理といった仕事があげられる。こういったインフラの開発は既存のインフラを参考できることから生産性高く行えるため、経験の多い晩年のエンジニアでも活躍できる機会が多い。しかし、多くの企業では社内インフラを導入済みであることが多く、仕事は漸減する傾向にある。一方、インフラエンジニアが活躍している領域としてオンラインゲーム業界がある。その開発から維持までを担う仕事は需要が高く、プログラムとしての記述の難易度は低いため開発に携わるのが比較的容易なのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です